用語まめ知識「トンボ」はなぜ必要?

トンボを使用してイメージ通りの印刷物を仕上げよう

印刷は、何色使っても「CMYK4色の掛け合わせ」で表現されます。
例えば「赤」は「MとY」の掛け合わせなので、どちらがズレても赤色にはなりません。
その状態を防ぐためにも、トンボが付いていなくても印刷時には必ずトンボを付けて印刷します。
上記イメージはキャラ2人を中央に配置していますが、トンボを付けていないと、どちらかに偏った印刷物が出来上がったりと、意図したイメージと違う印刷物が出来上がってしまう可能性があります。
それを防ぐためにも、印刷入稿データには必ずトンボを付けて入稿しましょう。

ちなみに「トンボ」の由来は、両面印刷時に置く目印が十字形をしており、その形が虫のトンボに似ていることから名前が付けられたそうです。