文字のまめ知識「難しい方の漢字使用は危険?」

よく人名で登場する「難しい方の漢字(旧漢字)」ですが、使用する文字(フォント)によっては表示されないことがあります。

旧漢字

上記A・Bのイメージは、よく見かける新漢字と旧漢字を抜粋したものになります。
パソコン上で表示されれば問題ないのですが、旧漢字が表示されない書体も多数存在します。

イメージ的にどうしても旧漢字の無い書体で旧漢字を使いたい場合、線等を追加して旧漢字を作る方法や、その漢字だけ旧漢字の出る似た書体に変更する方法があると思います。

しかし、パソコンの画面上は大丈夫でも「印刷すると文字の太さが違う」といった問題が出る場合があります。
もし旧漢字を使う必要がある場合は「旧漢字を含む名前部分は全て書体を置き換える」等、いつもより気をつけたデータ作成を心がけましょう。