画像のまめ知識「デジタル画像の敵?偽色とは?」

デジタル画像特有の症状として、撮影条件によって「偽色」が発生する場合があります。
下の写真はグレーの布を撮影したものです。

偽色画像

実物には存在しない紫と黄色のしま模様が出ているのが見えるかと思います。
デジタルカメラ撮像部の構造では、各センサー(フィルタ)で表現できない部分は、周辺の情報から計算して色を補うという特性があります。

上記イメージのような細かい模様等を撮影したり、データ容量が低い設定で撮影すると出やすいと言われているので、きれいな画像を撮影するときには「偽色」に気をつけて撮影しましょう。

偽色が出てしまっても後処理(画像処理ソフト)等で解消できる場合もあります。