色のまめ知識「何にでも合う色がある?」

何にでも合う色は「無彩色」と呼ばれる色で、「白」「黒」「白と黒の間色(グレー)」の3種類があります。通常の赤や青は「有彩色」と呼ばれています。

K:0%K:20%K:40%K:60%K:80%K:100%
グレー

無彩色には彩度(色の情報)は無く、明度(明るさ)のみで色が変わることから、無彩色はどの有彩色と合わせても色が反発することがない(色が合う)と言われています。